- 卒業式・入学式について -

お子さんの入学卒業式・入園卒園式などで、着物を着たいと思っている方、実は以外に多いですね。
特にここ数年はお着物で出席される方が非常に目立ち、シーズン真っ盛りの3月には、多くの方を街で見かけます。
また最近では小学校の卒業式ではジュニア袴といってお子様と一緒に和装でご出席される親子様も多くなりました。
よくお母さまがどんな着物を着ていいのかご相談されるのが卒業式、入学式です。
ここではどんなお着物を着たらいいのかをご説明いたします。

入学式と卒業式に着ていく着物は、おおよその基本があります。入学式と卒業式はいわゆるパーティーとはちょっと違います。セレモニーと呼ばれる式典になり、どちらかというとお祝いでも厳かな雰囲気になります。

入学式や卒業式は洋服ならビジネススーツが一般的ですが、着物なら礼装になります。礼装といわれる着物もビジネススーツのように、ある程度きまったものがあります。そのような着物選びの基本は、一度覚えてしまえば入学式や卒業式にかかわらず将来的にもずっと使えます。

和装の場合訪問着、付下げ、色無地など準礼装や略礼装の着物を着用するのがふさわしいです。
その中でも訪問着がお勧めです。
訪問着の柄は絵羽模様(えばもよう)といって、模様が縫い目を渡って胸、肩、袖、裾につながるように描かれています。その華やかさと品格は、お子様の大切な晴れの門出を祝う入学式や卒業式にぴったりの着物です。ただし、入学式や卒業式はあくまでお子様が主役ですから、お母様の方が目立たないよう配慮しましょう。

着物の色柄は、ピンクや若草色、藤色など全体的に淡く上品で華やぎのある色味で、品のある花柄や古典柄がセレモニーの雰囲気にマッチします。また、春らしい桜など季節に合った柄を選ぶのも良いでしょう。一方、金彩がふんだんに施されていたり、大ぶりでインパクトの強い柄など、派手な色柄は目立ち過ぎてしまい、お子様が主役のセレモニーではあまりふさわしいとは言えません。


 帯についても注意点があります 

訪問着に最も適している帯は、「袋帯」です。

袋帯とは、
幅:約30㎝以上
長さ:約4m20㎝以上
表と裏で種類の違う生地が使われている帯です。

柄の大きさや、使用する糸で格式の差があります。「二重太鼓」と呼ばれる厚みを持たせる結び方をすれば、よりお祝い事にふさわしい印象になります。

袋帯以外にも「名古屋帯」も場合によっては使用できます。名古屋帯とは、大正時代に現在の名古屋女子大学の創始者が考案したとされる帯の種類です。

名古屋帯とは、
幅:約30㎝
長さ:約3m60㎝程度
なので軽く締めやすい特徴があります。

帯の長さが短いため、袋帯のように二重太鼓結びはなく一重太鼓です。したがってセミフォーマル~カジュアルなシーンが最も適しており、基本的には準礼装に不向きです。しかし金糸および銀糸で織られていれば袋帯と同等の格になるとされています。
明るめのパステルトーンの訪問着に華やかな金糸の袋帯 明るめが苦手な方は重くなり過ぎない落ち着いた色がおススメ
明るめのパステルトーンの訪問着に華やかな金糸の袋帯
明るめが苦手な方は重くなり過ぎない落ち着いた色がおススメ