プロフィール


プロフィール
熊谷 香折
030.jpg

1980年3月29日生まれ
岐阜県瑞穂市出身

性格:よく言われるのは天然・・・
   好きなことに没頭する癖があり時間を忘れます。
   好奇心旺盛で興味のある事には何でも挑戦します。

資格:きものカルチャー研究所認定
   きものコンサルタント・一級着付講師


略歴
美容師見習いとして修業後、アパレル販売に転職。
ファッションビル、百貨店、路面店などで販売員、店長職、教育担当などを経験。
岐阜→名古屋→熱海→金沢→横浜→銀座→日本橋と転々としながら洋服の事、接客、様々な年代、地域のお客様との触れ合いを経験してまいりました。

コーディネートも好きですが、接客という事を通しての触れ合いで、その方に合ったものを見出した時、お客様が納得し喜んで笑顔で帰られた時、私に会いにリピートして下さった時、「ありがとう。また来るわ」と言われた時。
そんな瞬間がたまらなく良くて現在でも月に10日ほど教育担当として勤め、二足の草鞋を履いております。




そんな私がなぜ着付師・着付講師になったのか

きっかけは昼も夜も働いていた20代前半。クラブでバイトをしていた時、「一日ママ」で唯一一枚あった母親の色無地を着物を着ることに。
その日一日お客様やお店の方、友達にもの凄く褒められまくり、ふと気づくと周りの方みんなが笑顔になったり、私が着物を選んだことに喜んでくださった方が沢山いらっしゃいました。
勿論その日一日は大変嬉しい時間を過ごしいつまでも着ていたいと思ったくらいです。

その後は着物の事を少しずつ勉強し、ファッションとしても成り立っていることに気づきお洒落という感覚で独学で着付けを勉強し着ていました。
やはり洋服と一緒で着れば着るほど「もっと綺麗に着たい」「自分に合う着方はどれだろう」「楽に着るには」「細くみせるには」と本を見たり着ている人に色々聞いてみたりして独学で研究をしたりと楽しんでました。


知れば知るほど興味がわく着物。本気で勉強していくうちに今までアパレルでも培ってきたスタイリングでの知識、体に合ったバランス取り方、独学で学んだ着付け方。
これを元にお客様に喜んで貰いたい!洋服だけじゃなく着物でも綺麗になってもらい、自分の味わった高揚感と嬉しさを着物を着たいと思う方に味わってもらいたいと思い、きものカルチャー研究所に入り、仕事をしながら毎日練習しいくつかの試験を受け一年と少しで「一級着付講師」「きものコンサルタント」を取得しました。



以後、自宅サロン、出張にて教室や着付け、きものスタイリストを行っております。